多種多様なオフィスワークの種類

オフィスワークはその名の通り事務所での仕事、すなわち事務職のことです。
一言でオフィスワークと言っても仕事の幅は広く、一般事務から営業事務や経理事務、受付まで、部門によって同じ内勤でも職務内容及び求められる能力が異なります。
幅広い意味での事務職として認知されている一般事務という職種については、伝票整理やデータ入力などの基本的な作業からファイリング、文書作成まで、社内での業務内容は多岐に亘ります。勿論、電話応対なども業務に必要となります。
営業事務は営業活動のサポートが主な業務で、営業資料の作成や見積もり作成、請求書発行などが主な業務になります。こちらもエクセル等のスキルが欠かせません。場合によっては営業社員のスケジュール管理なども業務に入るので、報告・連絡・相談をスムーズに出来るよう、気配りが必要とされます。
経理事務は営業事務よりも更に売上や支払い、内部の経費等全ての金銭管理に関わる重要な仕事です。社内の財務に関わる為、簿記などの資格が必要な場合があります。
他にも、英会話力が堪能であれば貿易事務の仕事にも就くことが出来るでしょう。

オフィスワークに求められるスキル

今はどのような職種でも、オフィスワークにはパソコン操作が欠かせません。ワードでのビジネス文書作成やエクセルでの計算式やグラフ作成など、それぞれのスキルが必要になります。基本的なパソコンの知識や資格があればアルバイト先も探しやすくなるでしょう。しかし、未経験でも募集をしているケースも少なくないので、意欲のある人は応募して経験を積むと良いでしょう。
また、パソコン操作や書類作成等だけでなく、先述の電話応対など対外的なビジネスマナーも必要とされます。特に受付業務は礼儀作法も重要となるので、基本的なマナーをしっかり勉強することが必要です。
?